不法残留の疑い ベトナム人逮捕 鈴鹿署

【鈴鹿】三重県警鈴鹿署は2日、入管難民法違反(不法残留)の疑いで、住所不定、ベトナム国籍の無職グエン・ミン・トゥアン容疑者(39)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は平成28年12月15日から約3年4カ月間、在留期限を超えて鈴鹿市などに居住し、国内に不法残留した疑い。容疑を認めている。

同署によると、巡回中の警察官が同日午後8時20分ごろ、同市南玉垣町の国道23号を乗用車で南進するグエン容疑者に職務質問し、容疑が浮上。シートベルトを着けていなかったという。