東海中学総体が中止 県総体は連休後に協議へ 三重

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東海中学校体育連盟は1日までに、8月5―9日に三重など東海4県で開催を予定していた東海中学校総合体育大会の中止を決めた。16競技あり、三重県内では柔道(亀山市)、ハンドボール(四日市市)、バドミントン(津市)、水泳(鈴鹿市)の4競技の開催を予定していた。

緊急事態宣言で部活動の再開見通しが立たないことや、本年度東海ブロックでの実施を予定していた全国中学校体育大会(全中)の中止が4月末に決まったことなどが理由。県中学校体育連盟は、例年7月末から8月初旬に集中開催する県中学校総合体育大会の開催見通しについて、5月の大型連休明けに協議する予定。