自宅で料理、読書、運動を 三重県教委 休校中の生徒向け動画作成

【記者会見で、生徒向けの動画を紹介する木平教育長=三重県庁で】

木平芳定三重県教育長は1日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染症の対策として、自宅で挑戦できることをまとめた生徒向けの動画を作成したと発表した。料理、読書、運動をテーマに22本を作成。県教委のホームページで公開している。

料理の動画では、県立相可高食物調理科の生徒らが手順やポイントを紹介。肉じゃが、だし巻き卵、焼きそば、チーズケーキなど14品を設けた。教諭らは、だしの取り方など「料理の基本」を解説している。

「本ススメ」と題した動画では、学校司書が読書の大切さを伝え、電子書籍の活用方法や高校生に読んでほしい本を紹介。体育の教諭らは、自宅でもできるストレッチやトレーニングを実演している。

休校が長引く中でも生徒らに自宅で有意義に過ごしてもらおうと、有志の教職員らが自前のカメラなどを使うなどして「予算ゼロ」で作成。美術や音楽、書道などの動画も作成する予定という。

木平教育長は会見で「長く室内で過ごす中でも、さまざまなことに取り組んでもらえる動画。読書の大切さを知り、食事の準備にも役立つはず。ストレスの低減にもつながると思う」と語った。