三重県 県立施設の休館を延長 新型コロナ感染拡大防止で31日まで 三重

三重県は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県営サンアリーナ(伊勢市朝熊町)などの県立施設について、休館を5月31日までに延長すると発表した。

他にゆめドームうえの(伊賀市夢が丘一丁目)、鈴鹿青少年センター(鈴鹿市住吉町)、熊野少年自然の家(熊野市金山町)など。

三重交通Gスポーツの杜鈴鹿(鈴鹿市御薗町)、三重交通Gスポーツの杜伊勢(伊勢市宇治館町)、松阪野球場(松阪市立野町)など県営スポーツ施設も休館を延長する。

一方、5月11日まで休館している県総合博物館(津市一身田上津部田)や県立美術館(同市大谷町)は「休館の期間が終わるまでに今後の対応を決める」としている。