三重県知事 9月入学「大事な論点」

鈴木英敬三重県知事は30日のぶら下がり会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、入学や新学期を9月に変更する議論が浮上していることについて「こういうときだからこそ、そういった論点があることも大事なことだ」と評価した。

鈴木知事は「まずは学びの継続が大事」と前置きした上で「9月入学は社会的な影響はあるが、議論しないことはない」と述べた。

小1、小6、中3の登校を優先させる議論も「学年は関係なく、学びの継続は大事」としつつ「一つの案だ」と評価。「志望校の決定など、分岐点に当たる子どもたちを優先することもあり得る」と語った。