玉城町 休校続く児童に英語を ALTらが動画で授業 三重

【休校で自宅学習をしている児童らのために英語の授業の動画撮影をするALTら=玉城町で(同町提供)】

【度会郡】新型コロナウイルス感染拡大の影響で、休校が続く小学生の自宅学習に役立ててもらおうと、三重県玉城町の外国語指導助手(ALT)らが英語の授業の動画を制作し、5月2日から町の行政チャンネルで放送を始める。

本年度より公立小学校の英語は3年から必修化、5年から教科化となり、同町では独自に1、2年生も授業を実施して英語教育に取り組んでいる。

今回はALTでアメリカ出身のボールドウィン・リーラさん(32)、サーノック・テイラーさん(28)、英語専科教員の内田一男さんが中心となり動画を制作。児童らが楽しみながら学べるように工夫したという。

授業は町内の小学校の教員らも参加して撮影。単語の発音練習やALTと教員との英会話などのほか、アルファベットのクイズも実施。次回は少しレベルアップし、教科書を使った授業を行う予定。

ALTの2人は「子どもたちに英語に興味を持ってもらえれば。私たちも新しいことに挑戦して楽しかったしやりがいがあった」と話していた。