亀山 道の駅・関宿、6日まで休業 三重

【29日から休業した道の駅「関宿」=亀山市関町新所で】

【亀山】三重県亀山市関町新所の道の駅「関宿」(小山尚士館長)を運営する「安全」(同市太岡寺町、北川亨会長)は29日から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、道の駅「関宿」を休業にした。5月6日まで。併設する休憩室と缶コーヒーなどの自動販売機も使用不可とした。

国道1号沿いの道の駅「関宿」は、地元特産品の販売や飲食コーナー、屋外には健康遊歩道を備え、三重の西の玄関口として県外からも多くの人が立ち寄る。

小山館長は「外出を自粛する『ステイホーム』を呼び掛けている大型連休中、感染リスクを控えるため決断した」といい、「早く終息することを願っている」と話していた。