大型連休中の来県自粛を全国向け要請 三重県知事

【記者会見で、駅などに掲示するポスターを紹介する鈴木知事=県庁で】

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、鈴木英敬三重県知事は28日、大型連休中の来県を控えるよう、全国に向けて要請した。「在宅ライフ」の徹底を求める東海3県知事の共同メッセージも発表した。

鈴木知事は「屋外でも密になることがある。大切な思い出の場所を守るために協力してほしい」と強調。「ゴールデンウィークは三重に来やんといて。今だけは来訪自粛を」とのキャッチコピーも掲げた。

3県の共同メッセージは「たった一人の油断が社会に深刻な影響を及ぼしかねない」と指摘。人との接触を減らすことに加え、買い物や散歩などの日常生活にも感染のリスクがあることを認識するよう求めた。

メッセージには、医療従事者らへの感謝や差別の禁止も盛り込んだ。「最前線で日夜必死の献身的対応をしている方々に感謝と敬意を。いわれのない誹謗中傷や差別的行為は絶対しないこと」と訴えた。

メッセージの発表に先立ち、3県の知事はテレビ会議で大型連休中の対応を協議。休業要請に応じない事業者が県境をまたいで店舗を運営している場合は、3県が連携して休業を求めることなどを確認した。