志摩市補正予算を専決処分に、新型ウイルス給付金

【志摩】三重県志摩市は28日、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として、国が補正した特別定額給付金と事務手続きの経費49億2000万円を盛り込む令和2年度一般会計補正予算について30日付で専決処分すると発表した。

また市は30日付で、支給に関する専門部署として市民生活部内に特別定額給付金対策室を新設する。職員4人体制で一律10万円の特別定額給付金の支給事務手続きに当たる。