福祉車両を四日市のデイサービス施設に贈呈、LC国際協会

【能津ガバナー(左)に感謝状を手渡す淵田理事長=四日市市久保田のユートピアで】

【四日市】ライオンズクラブ国際協会334―B地区(能津道明ガバナー)=名古屋市=は28日、三重県四日市市久保田の社会福祉法人ユートピア(淵田則次理事長)に、福祉車両1台を贈呈した。

福祉車両は、トヨタのシエンタウェルキャブ(車椅子仕様車)で、助成金額は約300万円。贈呈を受けた淵田理事長(66)は「貴重な車両をいただき感謝です。デイサービス利用者の送迎や入居者の搬送など、より良い日常生活を送れるように福祉車両を活用させていただきます」と謝意を述べ、能津ガバナーに感謝状を手渡した。

能津ガバナー(72)は「100年余りの歴史を持つ奉仕団体。先輩方の思いを継承して、皆さんの要望をいち早く察知して行動に移し、喜んでいただくことが我々の喜びでもあります」と語った。