全国中学大会が初の中止に、三重県などで開催予定

日本中学校体育連盟は28日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、今夏に東海地方で予定された全国中学校体育大会(全中)の中止を決めたと発表した。同日、都道府県レベルの中学校体育連盟などに通達した。日本中体連によると、全中の中止は初めて。冬季大会の駅伝やスキー、スケートなどは引き続き検討する。

全中は8月17~25日に岐阜県、静岡県、愛知県、三重県で陸上や水泳などを行う計画だった。日本中体連は「中学生アスリートにとって五輪に匹敵する夢舞台」と意義を強調した上で「感染拡大に伴い、関係する全ての皆さまの命と安全を守るため、苦渋の決断をするに至った」と説明した。

県内では伊勢市で陸上、津市と伊勢市でバスケットボール、鈴鹿市と四日市、いなべ市でサッカー、四日市市で体操競技の開催を予定していた。

このうち陸上は県中体連や三重陸協、伊勢市などが連携して5年前から開催準備を続けてきた。実行委員会事務局長を務める県中体連陸上競技専門部の三輪亮介委員長(伊勢市立厚生中教)は「何より大切なものは人命。真摯に受け止めて、前に進むしかない」と話すも「選手たちの気持ちを思うといたたまれない。(自校の生徒も)フォローしたいが休校中で直接話が出来ない」と苦しい胸の内を明かした。