みえ松阪マラソンPR、ラッピング公用車が5月1日から発進

【みえ松阪マラソンをPRするラッピング公用車のデザイン】

【松阪】三重県松阪市は5月1日から、「みえ松阪マラソン2020」をPRするスポーツ課のラッピング公用車を走らせる。期間は令和6年9月1日まで。

同マラソンは県内唯一のフルマラソンとして12月20日に開催予定。ラッピングには同市の文化や観光名所、特産品も盛り込み、ランナーの獲得や観光客の集客につなげる狙い。

公民連携窓口「共創デスク」を通じて三重トヨペット(津市上弁財町、井上喜晴社長)から提案があった。

トヨタハイエースバンの車体四面に県指定伝統工芸品「松阪もめん」の縞模様をあしらい、大会公式ロゴや開催日の他、松阪牛や松坂城跡などの写真を貼り付けたデザイン。

同課は「各種イベントで松阪市をPRしていく」としている。