従業員に10万円支給 松阪の宇野重工 「コロナに負けるな元気金」 三重

【松阪】新型コロナウイルスの感染拡大で、橋など鋼構造物の製作施工を手掛ける三重県松阪市大津町の宇野重工(宇野恭生社長)は30日、「コロナに負けるな元気金」として従業員148人に1人10万円を支給する。

同社ではマスクを現場に優先して支給し、総務部門などはテレワーク。従業員1人につきマスク50枚を支給する予定という。

宇野雄介常務管理本部長は「いろいろ生かして何とか乗り切ってほしい」と話していた。