伊勢シーパラ 次亜塩素酸水を送る 110施設に 三重

【伊勢】三重県伊勢市二見町の水族館「伊勢シーパラダイス」の運営会社は、子どもたちの新型コロナウイルス感染症予防に役立てるため、市内の小中学校や幼稚園、保育所、放課後児童クラブなど計約110施設に、除菌効果がある次亜塩素酸水を贈る。

同館では、館内の除菌や消臭に使用するため、次亜塩素酸水の製造装置を導入し、自社製造している。

感染拡大により衛生用品が不足している状況から、協力を申し出た。今月中に同館スタッフが、各施設に10リットルずつ順次届ける。同館の担当者は「日ごろは子どもたちに支えてもらっている。コロナが終息し、早く動物たちに会いに来てもらえる環境になることを願っている」と話した。

各施設では、児童生徒の手指消毒や施設内の除菌などに活用する予定。