オンラインで家庭学習支援 伊賀市教委 休校中の児童生徒対象 三重

【伊賀】三重県の伊賀市教委は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために一斉休校している市立小中学校の児童生徒を対象にオンライン学習を利用できるようにすると発表した。パソコンなどから自主学習教材や解説動画を閲覧してもらい、家庭学習を補う。5月10日まで各家庭で無償で利用できる。

対象は小学1年―中学3年。学習支援サービスを提供する「日本コスモトピア」(本社・大阪市)の家庭学習システム「みんなの学習クラブ」を活用する。パソコンやタブレット端末などでサイトにアクセスし、ユーザーIDとパスワードを入力すると利用できる。

小学校は算数▽国語▽理科▽社会―の4教科、中学校は数学▽国語▽英語▽理科▽社会―の5教科で、学習プリントや解説動画を閲覧できる。各学校が24日以降、サイトの利用に必要なユーザーIDとパスワードを電子メールなどで各家庭に伝える。

市教委学校教育課は「家庭訪問は難しいため、自主学習に役立ててもらおうと各家庭から利用できるようにした」と説明。「インターネットなどを利用できない環境にある家庭には教材を印刷し、個別に配布することも考えている」としている。