天津市からマスク2万枚 四日市市に寄贈、防護服2000着も 三重

【支援物資を手にする森市長=四日市市役所で】

【四日市】三重県四日市市は23日、中国で新型コロナウイルス感染拡大が深刻化していた時期に送った支援物資のお返しとして、同市の友好都市である天津市からサージカルマスク2万枚と防護服2千着が届けられ、市役所に物資が到着したと発表した。

市は2月、天津市へ医療用手袋(検査健診用グローブ)5万枚を送付していた。市は今年10月に友好都市提携40周年を迎える天津市とは毎年交流行事を実施するなど定期的な交流が続いている。