あすまでに全店舗休業 県内パチンコ店、要請受け 三重

鈴木英敬三重県知事は23日のぶら下がり会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で休業要請の対象となった県内のパチンコ店が休業開始時期を前倒しし、25日までに全店舗が休業することを明らかにした。

鈴木知事によると、県内にある118店舗のうち、23日時点で116店舗が臨時休業している。残る2店舗も27日には臨時休業に入る予定だったが、25日からの休業を決めたという。

県遊技業協同組合が22日に休業の見通しを発表したことなどを受け、事業者が自主的に休業の時期を前倒ししたという。鈴木知事は「事態をしっかり受け止めてもらった結果だと思う」と述べた。