亀山の観音山公園 シャクナゲ見頃迎える 三重

【見頃を迎えたシャクナゲの花=亀山市関町新所の観音山公園で】

【亀山】三重県亀山市関町新所の鈴鹿国定公園内観音山公園で、赤や白、ピンク色のシャクナゲの花が見頃を迎えている。

シャクナゲは、旧関町の「町花」。同公園内には、ウメやサクラ、アジサイやツツジと共に、四季の花が楽しめる公園にと平成12年から、当時の町民らが約250本のシャクナゲを植樹した。

同町中町の日本ツツジ・シャクナゲ協会三重支部長の一見八郎さん(79)は「今年も咲き始めました。人と人の間隔に注意し森林浴も楽しんで」と話している。