津市 小中学登校日を中止 給食食材販売会も 三重

【津】新型コロナウイルスの感染が三重県内で広がっていることを受け、津市は20日の対策本部会議で、休校中の市立小中学校に設けていた登校日を中止すると発表した。

市教委は休校を決めた段階では、児童生徒の学習状況や健康状態を確認するため、週1回の登校日を設けていた。市内でも感染者が確認されていることを踏まえ、児童生徒の安全確保が難しいと判断し、中止を決めた。

また、市教委は緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことを踏まえ、22、24の両日に同市藤方のモーターボート競走場で開く予定だった給食食材の販売会を中止。食品ロスを防ぐため、同市河芸町三行の道の駅津かわげで同じ日程で販売してもらう。