窓口にビニールシート 亀山市役所、新型ウイルス対策で 三重

【窓口につり下げた飛散防止対策用ビニールシート=亀山市役所で】

【亀山】三重県亀山市は、市役所1階の市民窓口に新型コロナウイルス感染の飛散防止策として、天井から透明のビニールシートをつり下げ対応している。

ビニールシートは応急的なもので、近日中には固定型の透明アクリル板を取り付けるという。

生活文化部市民課の高嶋美季課長は「住民票や戸籍の届け出、印鑑登録証明書の発行など訪れる市民も多く、いまできることで感染拡大防止に対応している」といい、「職員には、マスクを着用し、手洗いやうがい、消毒を小まめにするよう指示している」と話していた。