検査態勢の強化要請 三重県議会全協 感染拡大防止向け

【県の感染拡大防止策を聞き取る議員ら=三重県議会議事堂で】

三重県議会は17日の全員協議会で、県当局から新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた対策を聞き取った。議員らは検査態勢の強化などを要請。県民への呼び掛けを強化するよう求める声も上がった。

検査態勢について、石田成生議員(自民党県議団、3期、四日市市選出)は、県民から「なぜ検査をしてくれないのか」との声を聞いたと指摘。「検査のハードルを下げる必要がある」と訴えた。

加太竜一医療保健部長は「検査の実施に基準はあるが、主治医が必要だと判断した場合は全て検査している」と説明。検査を実施している県保健環境研究所(四日市市)の検査機器を増設する考えも示した。

また、石田議員は「外出の自粛に温度差がある。強いメッセージを出し、1日でも早く収束できるようにすべき」と指摘。鈴木知事は「しっかり受け止め、実効性のあるメッセージを出したい」と述べた。

東豊議員(草莽、3期、尾鷲市・北牟婁郡)は、感染拡大で消費が落ち込む水産物などの販路拡大に努めるよう要請。鈴木知事は販路拡大の支援に向けた費用を総合対策に盛り込んでいることを明らかにした。

県当局はこの日の全員協議会で「緊急総合対策」の概要を示す予定だった。一方、政府が緊急事態宣言の対象地域を全国に広げたことから対策を見直す必要性が浮上し、公表を見送った。