津市 売上減の事業所に販売機会を 市役所にブース設置へ 三重

【津】三重県津市は新型コロナウイルスの影響で売上が減少している市内の事業所を支援するため、市役所1階に20日から臨時の出店ブースを設ける。在庫を抱える飲食店や小売店などが対象。16日午前8時半から出店の申し込みを受け付ける。5月29日まで。

祝・休日を除く月―水曜と金曜の午前10時―午後3時まで販売できる。出店は1日当たり5店舗。感染症対策のため、購入者には列の間隔を空けて並んでもらい、消毒液の設置数を増やす。販売者にはマスクの着用を求め、購入者との間をビニールなどで仕切る。

市経営支援課は「販売機会を設けることで、売上の減っている事業所を支援したい。店舗で余っている食材や生活雑貨を販売する場所として使ってほしい」としている。出店は無料。問い合わせは、同課=電話059(236)3355まで。

また、市は今月18日から市内9カ所のキャンプ場や宿泊施設を一斉に閉鎖する。市内外から施設の利用者が集まり、感染が広がる危険性が高いと判断したため。閉鎖は大型連休明けの5月10日まで。市内の感染状況に応じて閉鎖期間の延長も検討する。