亀山の川崎地区 住民らの鎧や兜を展示 三重

【玄関入口に飾った鎧・兜=亀山市川崎町の川崎地区コミュニティセンターで】

【亀山】5月の端午の節句を前に、三重県亀山市川崎地区まちづくり協議会(原重孝会長)は同市川崎町の川崎地区コミュニティセンターに住民が提供した、鎧・兜(よろいかぶと)を展示している。

男子が生まれた時に、家に飾る鎧や兜を飾らなくなった住民らに呼び掛け、2人から無償提供を受けた。センター内入口に約30―40年前の鎧・兜2体と大刀、小刀1対を並べ、訪れる住民らの目を楽しませている。

5月に同センターの内庭に揚げるこいのぼりの無償提供も呼び掛けている。原会長は「市内外問わず一匹でも多く揚げたい」と話していた。問い合わせは同センター=電話0595(85)0101=へ。