伊勢で出前代行サービス SNSで注文、飲食14店共同で商品お届け 三重

【SNSを通じて出前代行サービスの利用を呼びかける(左から)掛橋さんと案浦さん=伊勢市役所で】

【伊勢】新型コロナウイルス禍による経営不振を乗り切ろうと、三重県伊勢市内の飲食店14店舗が共同で商品を注文先に届ける出前代行サービス「悠BarEats(ユーバーイーツ)」の試みを始めた。フェイスブックなどのSNSを使って利用を呼び掛けるという。

同サービスでは、参入店舗が共同でSNS上に同名の専用アカウントを作成し、出前用のメニューを掲載。利用者が希望する商品や配達希望時間などを各店舗に注文すると、店側から依頼を受けた配送業者が注文先に商品を届ける。

13日現在で、参入店舗はお好み焼きやすし、創作料理など14店舗で、他に7店舗が検討中という。配送地域は原則伊勢市内で、配送料は4キロまでが500円、以降1キロごとに百円ずつ加算される。配達の注文は500円から対応するが、各店舗ごとに設定した価格以上を注文した場合は、各店舗が配送料を負担する。

自粛要請で店舗利用者が減少する中、テイクアウトに対応することで危機を乗り越えようと、居酒屋や運転代行サービスなどを手がける「K―STYLE」(同市大世古)を経営する掛橋優子さん(45)が設立を呼び掛けた。6日から試験的に注文を受け付けたところ反応も大きかったことから本格運用を始めたという。

掛橋さんは「飲食店は経済の末端であり、ここが崩れたら全てに影響する。みんなで乗り越えていきたい」と力を込めた。

参入店舗の1つで、ビュッフェレストランを手がけるクロフネファーム(同市小木町)を経営する案浦豊土さん(41)は「他店舗との協力はこれまでなかったのでこれを機に助け合いの関係を作れたら」と話した。

営業は原則午後5時―零時までで日曜定休。問い合わせはK―STYLE内運転代行「PURE8(ぴゅあえいと)」=電話080(2634)9793=へ。