大台署 3歳息子にたばこの火押し付け 容疑の夫婦を逮捕 三重

【多気郡】同居する息子(3つ)にたばこの火を押しつけたとして、三重県の大台署は12日、傷害の疑いで、大台町千代、会社員木下翔太容疑者(22)と妻で派遣社員の優奈容疑者(23)を逮捕した。児童虐待事件として調べている。

逮捕容疑は先月18日ごろから23日ごろまでの間に、自宅で息子の右手甲や腰などに、たばこの火を押しつけるなどの暴行を加え、全治10日のけがを負わせた疑い。翔太容疑者は容疑を認め、優奈容疑者は「夫がやけどを負わせた。私は見ていただけ」と容疑を一部否認している。

同署によると、両容疑者は昨年12月に結婚し、息子を含む3人世帯。息子が通う保育園の職員が先月23日、やけどなどの傷に気付き、県中勢児童相談所が保護した。息子の体にはやけど以外にも切り傷やあざとみられる傷が数カ所あり、署は日常的な虐待があったとみて経緯を調べている。