樹皮のかごバッグやインド布の衣料展示 菰野町のギャラリー

【政木さんが制作したかごバッグが並ぶ会場=菰野町杉谷の椿庵で】

【三重郡】埼玉県さいたま市の籠作家、政木妙子さんが制作したかごバッグなどを紹介した「自然素材の籠とインドの布展」が、三重県菰野町杉谷のギャラリー「椿庵」で開かれている。19日まで。14、15日は休み。

東北地方に自生するヤマブドウやクルミの樹皮で編んだかごバッグや財布など25点を展示。独自の編み組みを施し、花のような編み方をしたバッグもある。

会場では、「カディ」と呼ばれる手つむぎ手織りで仕上げたインド製の布や、インドの西ベンガル地方に伝わる織物「ジャムダニ織り」を使ったストールを中心にチュニックやブラウスなどの洋服計約200点も並べている。