ガードパイプに衝突後車と接触 軽の女性死亡、伊勢

10日午前8時50分ごろ、三重県伊勢市勢田町の県道伊勢磯部線(通称御木本道路)で、北進中の同市桜木町、介護士遠藤嘉佳さん(47)の軽乗用車が道路左側のガードパイプに衝突後、右車線を同方向に走行中の乗用車と接触。遠藤さんは胸などを強く打ち、約一時間半後に搬送先の同市内の病院で死亡した。乗用車に乗っていた20代の介護士男性二人も軽傷のため同市内の病院で診察を受けた。

伊勢署によると、現場は伊勢神宮内宮から外宮方面へと向かう途中の片側二車線の緩やかな右カーブ。遠藤さんは自宅から勤務先に出勤途中とみられ、詳しい原因を調べている。