県民呼び掛け強化検討 三重県知事、愛知県独自「緊急宣言」で

大村秀章愛知県知事が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」を発令すると表明したことを受け、鈴木英敬三重県知事は9日のぶら下がり会見で、県民に対する呼び掛けの強化を検討する考えを示した。

鈴木知事は大村知事の表明について「県民に感染拡大の防止を促していく宣言と受け止めている」とした上で、愛知県が10日にも独自で発令する宣言の内容を踏まえて対応を検討する考えを示した。

愛知県の宣言を受けた三重県の対応は「愛知県と全く同じことを呼び掛けることはないと思うが、県内からも多くの人が愛知に行っている。感染拡大防止の効果を高める呼び掛けをしたい」と述べた。

また、県内で感染が急速に拡大した場合に独自で宣言を出す可能性を問われた鈴木知事は「私の責務は、とにかく感染拡大を防ぐこと。独自での要請をするこは十分にあり得る」との考えを示した。

東海3県の知事は6日のテレビ会議で、政府の緊急事態宣言発令後は3県が足並みをそろえて対応することで合意した。一方、鈴木知事は愛知県にも不要不急の出張などを控えるよう県民に呼び掛けている。