関西圏首長と対話を 新型ウイルスで伊賀の県議 三重県に要望

伊賀地域と関西圏のつながりに着目して新型コロナウイルスの感染防止策を実施すべきだとして、三重県議会の一人会派「草の根運動いが」(稲森稔尚代表)は7日、鈴木英敬知事や関西圏の首長らによる「トップ対話」の実施などを求める緊急要望を県に提出した。

稲森代表によると、要望書は伊賀地域の住民や事業者などから寄せられた声を元に作成。「伊賀地域は大阪府への通勤、通学が県内で最も多い」とした上で「大阪府知事をはじめ、関西圏のトップらと対話し、情報共有や連携を図ってほしい」と求めた。

また、政府の経済対策は「財政出動が不十分で、売り上げがない中で借金することの不安も聞く」と指摘し、個人や事業者に対する県独自の給付や補償を検討するよう要請。軽症者や無症状者が入る施設の確保や各家庭に対するマスクや消毒液の配布も求めた。

この日、稲森代表らが県庁を訪れ、鈴木知事宛ての要望書を福永和伸戦略企画部長に手渡した。福永部長は取材に「関西圏との連携や伊賀地域への呼び掛けは重要だと考えている。各部局に要望の内容をしっかり伝え、対策を協議する」と語った。