7都府県への移動自粛を 東海3県知事アピール 三重

【緊急事態宣言の発令を受け、県幹部らに対応を指示する鈴木知事=三重県庁で】

安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を発令したことを受け、三重、愛知、岐阜の3県知事は7日、発令の対象となった7都府県への移動を自粛するよう、3県の県民に求める緊急共同アピールを発表した。また、鈴木英敬三重県知事は共同アピールに加え、宣言の対象ではない愛知県などへの不要不急の訪問も控えるよう県民に呼び掛けた。

共同アピールは、宣言の期間に当たる5月6日までの間、7都府県への移動を自粛するよう強く要請。7都府県に住む3県民の家族や友人らに対しても、不要不急の帰省などを自粛するよう求めた。

このほか、感染リスクを高める「3つの密」に当たる密閉、密集、密接が重なる空間を徹底的に回避するよう要請。「3県は引き続き、この国家的課題に足並みをそろえて対応する」としている。

3県の知事は6日のテレビ会議で、宣言が発令された場合の対応を確認。3県を往来する人口が多いことを踏まえ、3県が宣言の対象とならなかった場合でも足並みをそろえて対応することを決めていた。

鈴木知事は7日夜、県庁で対策本部員会議を開いて幹部らに対応を指示。「県民生活に支障を来さず、急を要さない業務」は休止や先送りとし、最優先で新型コロナウイルスの対応に当たるよう命じた。

また、木平芳定教育長は会議で、感染防止対策の状況を確認していた桑名、いなべ両市内の県立高校と県立特別支援学校について、予定通り8日に授業を再開することを決めたと報告した。

この後、鈴木知事は「生活維持のための必要最小限の移動」を除いて7都府県への移動を自粛するよう県民に要請。宣言の対象ではない愛知県や北海道、京都府への不要不急の移動も控えるよう求めた。

その上で「三重は宣言の対象地域ではないが、対象地域と変わらない危機感を持って行動してほしい」と強調。「いつ、どこで、誰が感染するか分からないということを常に考えてもらいたい」と語った。