三重県知事がマスク着用 ぶら下がり会見で初

【マスクを着用してぶら下がり会見に臨む鈴木知事=三重県庁で】

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、鈴木英敬三重県知事は6日のぶら下がり会見にマスクを着用して臨んだ。報道陣への取材対応にマスクをつけて臨むのは初とみられる。

鈴木知事はマスクをつけた狙いについて「会見では県民にメッセージを送ることも多い。ご覧になっていただいた方に緊張感を持ってもらおうと、つけることにした」と語った。

また、ぶら下がり会見は従来から知事室前のロビーで開いてきたが、密集の環境を避けるため、幹部会議などがある「プレゼンテーションルーム」に先月下旬から会場を移している。