鈴鹿市「クラスターでない」 練習会で新型コロナ感染者 市議会代表者会議で説明

【新型コロナウイルス感染症対策について市の説明を聞く議員ら=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県の鈴鹿市議会は3日、臨時各派代表者会議を開き、新型コロナウイルス感染症対策の現状について説明した。

感染が確認された元陸上選手の塚原直貴さんが28日に市内で開催した練習会に参加したことを受け、市側はこれまでの経緯や現在の状況などについて報告した。

この中で、末松則子市長は「対象者が非常に多く年齢も幅広いが、全てが濃厚接触者ではない。参加者情報の提供も受けており、クラスターが起こっている状況ではない」との見方を示し、「公民館を含め早期に閉鎖措置を取ったので、検査結果を踏まえてそれぞれの公共施設開放も進めたい」と述べた。

会場が市の陸上競技場だったことについては「一般開放の中で実施されており、大きなイベントになったことを把握しかねた。団体主催なら自粛要請している。屋外は盲点だった。次に向けての改善として捉えている」と話した。

議員からは「今後、陽性者が出た場合の医療体制は構築できているのか」「県の指示を待たず、市独自の水際作戦をやっていくべきでは」などの意見が出され、末松市長は「医師会と連携し、調整している状態」「体制強化に努め、早急に対応していく」と答えた。