四日市市 小中校6日再開 児童生徒らに感染者なし 三重

【四日市】三重県四日市市は3日、市内小中学校を予定通り6日から再開すると発表した。

市は、鈴鹿市内での新型コロナウイルス感染症に関連した患者確認事案を受け、四日市市の保健所でも同事案に関係する同市の児童生徒3人にPCR検査と健康観察を実施し行動経路を確認、11日まで自宅待機を要請しているとした。その上で、3日現在で四日市市内児童生徒・教職員に感染者が出ておらず、文部科学省の1日付ガイドラインに照らしても、臨時休業の判断基準(「児童生徒等及び教職員の感染が判明した場合」)に該当しないなどとして、学校再開を決めた。

学校再開にあたり、登校に不安がある児童生徒については、登校を控えることも可能とし、その場合は欠席扱いにはならないとした。再開以後も感染症対策に万全を期し、児童生徒の安全・安心な学校運営に努めるとしている。