50人以上のイベント控えて 今週末から来週中 三重県知事が県民にメッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、鈴木英敬三重県知事は3日、屋内で50人以上が集まるイベントの開催を控えるよう、県民に求めるメッセージを発表した。ぶら下がり会見で報道陣を通じて呼び掛けた。

県によると、メッセージは政府の専門家会議が示す「感染確認地域」に県内が位置づけられているとの考えに基づいて発表。今週末から来週中に掛けての県民の行動を呼び掛けの対象としている。

屋外のイベントでも「密閉、密集、密接」が懸念される場合や、感染が広がっている地域からの参加がある場合は「感染者が急激に増えることもある」とし、開催の是非を慎重に検討するよう求めている。

また、鈴木知事はメッセージで、この5日間に県内で確認された感染者は全員が20―40代だったと指摘。「若い世代の方は感染しても気付かないケースがある。身近な家族を守る行動を」と呼び掛けた。

このほか、東京都や大阪府など、感染が急速に広がっている8都道府県への不要不急の出張や訪問を控えるよう、あらためて要請。8都道府県から県内への帰省や出張なども控えるよう呼び掛けた。

一方、県は3日、主催するイベントの開催基準を見直した。中止や延期の対象に「参加者が特定できる場合でも屋内で50人以上が集まるイベント」を加えたほか、運用期間を19日まで延長した。