伊勢市 「おかげバス環状線」運行開始 実証実験で8割満足 三重

【昨年からの実証実験を経て本格運行するおかげバス環状線(伊勢市提供)】

【伊勢】三重県伊勢市は1日から、昨年1月から実証実験を続けてきたコミュニティバス「おかげバス環状線」の本格運行を開始した。

既存の路線バスやコミュニティバスを補完する環状バスとして、三重交通伊勢営業所に委託して昨年1月から3月末まで2期にわたって実証実験を実施した。

同市交通政策課によると、2月末現在で延べ4万2695人が利用し、ピーク時の時間帯では1便当たり10人としていた目標値を達成。満足度調査では81・8%が満足と回答した。

環状線は1周17・5キロを約75分かけて周回。1日に左回り9便、右回り9便を走り、市役所や伊勢赤十字病院、いせトピアなど市内主要施設を含む29停留所に停車する。要望の多かった明倫小学校前や伊勢病院西口など8カ所を実験時から追加した。

料金は乗車1回につき大人(中学生以上)200円、高齢者(65歳以上)百円で一日乗車券や定期券も用意。別の交通機関との乗り継ぎで百円割引きのサービスもある。問い合わせは同課=電話0596(21)5593=へ。