「#耐えるぞ鈴鹿」サイト開設 持ち帰り料理紹介 市観光協会、飲食店応援 三重

【「#耐えるぞ鈴鹿!『テイクアウトで自宅宴会』」サイトのトップ画面=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の同市観光協会(坂口博文会長)は1日、市内飲食店を対象にした「#耐えるぞ鈴鹿!『テイクアウトで自宅宴会』」のサイトを開設。各店の持ち帰りできる商品を紹介している。サイトの公開は30日まで(状況により延期あり)。同協会ホームページから閲覧できる。

新型コロナウイルス感染拡大防止策による不要不急の外出や大人数での飲食、会合などの自粛の影響で、経営状況が深刻化する外食業界を応援するのが狙い。

現在参加しているのは、趣旨に賛同した16店。各店ごとに新たに考案したテイクアウト用メニューの内容や料金、店舗紹介などを掲載している。

掲載店舗は随時募集しており、掲載料金は無料。

同協会では「普段家では食べられない料理を持ち帰って食べてもらうことで、集客につなげることができれば」と話していた。

問い合わせは同協会=電話059(380)5595=へ。