災害対策業務で協力 三重銀、政投銀と協定締結

【四日市】三重銀行(三重県四日市市西新地、渡辺三憲頭取)は1日、日本政策投資銀行(DBJ、東京都、渡辺一社長)と「災害対策業務協力協定」を締結したと発表した。

協定は、両行の持つ機能や特性を生かしながら、内外の金融秩序の混乱や大規模災害、テロ、感染症など災害への対策業務で連携を強化して相乗効果を発揮し、社会全体の持続可能性向上に資する金融機能を果たしていくことなどが目的。

具体的には、災害に起因する生産停止や風評被害などの間接被害も含む被害を受け、災害対応に取り組む事業者などに対し、両行は、①事業性評価などに基づく円滑な金融機能②コンサルティング機能―を発揮していく。

三重銀行は、新型コロナウイルス感染症などの災害で被害を受けているか、災害対応に資する取り組みをする事業者などに対し、DBJとの連携を一層強め、円滑な金融仲介機能の発揮に努めるとしている。