津市 県の出張自粛要請に理解 滞在者間で対策本部会議 三重

【各部の対応状況を報告する対策本部会議=津市役所で】

【津】三重県津市内を訪れていた東京都在住の30代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、津市は31日、対策本部会議を開いた。本部長の前葉泰幸市長は鈴木英敬知事が感染が広がる8都道府県への出張の自粛を要請したことに理解を示し、市職員にも不要不急の出張は控えるよう求めた。

前葉市長は新たな感染確認を受けて「新型コロナウイルスは、往来で感染が拡大する可能性が高い。同じ事例が今後も出てくることが想定される」と危機感を示した上で「移動制限や自粛もそのような趣旨に沿ったものと理解している」と述べた。

対策本部会議には、副市長ら市幹部が出席し、各部の対応状況を報告。県の相談窓口を市民に周知することを確認した。県内で感染拡大が懸念されるため、津保健所管内で感染が確認された場合は、翌日の午前10時から対策本部会議を開くと決めた。