伊勢志摩でリフレッシュ 「鳥羽国際ホテル」と「NEMU RESORT」 ワーケーション宿泊プラン 三重

【鳥羽湾の眺めもインテリアの一つとして設計された鳥羽国際ホテルの客室(伊勢志摩リゾートマネジメント提供)】

【鳥羽・志摩】三重県鳥羽市の「鳥羽国際ホテル」と志摩市の「NEMU RESORT」は、両ホテルの特色を生かした長期滞在者向け特典付き宿泊プラン「ワーケーション宿泊プラン」の販売を始めている。5月31日まで。

ワーケーションとは休暇中に旅先などで仕事をする新しいワークスタイル。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅勤務や学校の一斉休校などで、ストレスや不便を感じている人にリフレッシュしてもらおうと、新プランを企画した。

鳥羽国際ホテルは鳥羽駅から近く伊勢神宮へのアクセスも便利で、鳥羽湾を見渡す絶景を間近に望めることから、「休暇を楽しみながらの仕事場」としての利用を提案。料金は、1泊朝食付き1人8190円―4万8860円。

NEMU RESORTは伊勢志摩国立公園の森と海に囲まれた自然の中に位置し、広大な敷地に60室の客室というぜいたくな宿泊施設をはじめゴルフ場やマリーナも併設。春休みやゴールデンウイークには、期間限定で自然体験プログラムを開催する。料金は、1泊朝食付き1人6860円―3万1080円。

宿泊人数や部屋のタイプによって料金が異なるが両ホテルともに3泊以上で30%引きとなり、全館Wi―Fi完備、5泊以上で滞在中1回分の夕食サービスなどの特典がある。

両ホテルを運営する「伊勢志摩リゾートマネジメント」の担当者は、「今こういった時期の中、日常を忘れて気分転換をしてもらえれば」と話している。問い合わせは同マネジメント=電話0599(25)3121=へ。