シナモロールがPR 伊勢市がサンリオキャラと初コラボ 三重

【シナモロール(伊勢市提供)】

【伊勢】三重県伊勢市は、サンリオ(東京都)の人気キャラクター「シナモロール」を使ったPR事業を始めた。同市での起用は初めてといい、3月1日から来年2月末まで約1年間、妊娠や出産、子育て支援など保健福祉事業のPRに活用する。

シナモロールは、犬をモチーフとしたキャラクターで、「白いこいぬの男の子」をモチーフとした「シナモン」を中心に子育て世代など幅広い世代の女性から支持を得ているという。

キャラクターの起用に伴い、市章に使っている緑と青を配色した帽子やスカーフを身につけた独自のデザインを採用。キャラクター使用料として年間240万円を同社に支払う。

古来より犬は安産を象徴するとされることから、市は少子高齢化を当て字した「笑子・幸齢化」に向けた事業のPRに向けて同キャラクターを採用。市民への各種通知用封筒や子育てハンドブック、ポスターなど広告物や、健康福祉部所管施設の壁紙など幅広い活用を図っていくとしている。