8都道府県の訪問自粛を 三重県知事、県民に呼び掛け

【8都道府県への出張を自粛するよう呼び掛ける鈴木知事=三重県庁で】

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、鈴木英敬三重県知事は30日、東京都や大阪府など、感染が急速に広がっている8都道府県について、不要不急の出張や訪問を自粛するよう県民に呼び掛けた。

自粛を呼び掛けた出張先は、東京都、大阪府、北海道、愛知県、兵庫県、千葉県、神奈川県、埼玉県の8都道府県。県庁で開いた対策本部員会議の後、鈴木知事が報道陣を通じて県民に呼び掛けた。

鈴木知事は「感染の状況は全く予断を許さない」とした上で、これら8都道府県の状況について「感染者が50人を超え、リスクが非常に高まっている」と指摘。出張の代替策を検討することも求めた。

また、これら8都道府県から県内に帰省したり、転入したりした人には「特に不要不急の外出を控え、少しでも体調に不安を感じれば相談してほしい。大変恐縮だが、皆さんと力を合わせたい」と述べた。

呼び掛けに先立つ対策本部員会議では、政府の対策本部が28日に発表した基本的対処方針の内容を確認。感染症対策の留意点をまとめた資料を県内の高齢者施設に配布することも報告された。