首都圏転出の三重県民は外出自粛を 知事がメッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、鈴木英敬三重知事は27日、進学や就職で首都圏に転出する県民に向け、首都圏では不要不急の外出を自粛するよう求めるメッセージを出した。

メッセージは「東京都をはじめとする首都圏では感染者が急増し、オーバーシュートの重大な局面を迎えている」とした上で、首都圏では不要不急の外出を控えるよう求めた。

また、県民に対しては人混みへの不要不急の外出を自粛するよう求めたほか、県外への出張も必要性を検討するよう要請。テレワークや時差通勤の活用も呼び掛けた。