来月29日から先行エントリ みえ松阪マラソン、松阪牛など特産品付きも 三重

【松阪】三重県のみえ松阪マラソン実行委員会は4月29日から、松阪市民などを対象とした先行エントリー枠のランナーの募集を始める。松阪肉にちなみ「いいにく」の語呂合わせで午前11時29分から受け付ける。締め切りは5月14日。一般エントリーは5月29日―7月29日。
12月20日の「みえ松阪マラソン2020」は県内唯一のフルマラソン大会となる。定員7千人。
先行エントリー枠は同市民(参加料税込み1万1290円、定員1000人)と第15回松阪シティマラソン申し込み者(同、4011人)。
他に、松阪牛など同市特産品が付きトイレや待機場所が特別待遇の「たべきれへん!プレミアム」(11万2900円、10人)や、「せっかくやで!お土産付き」(2万9000円、29人)がある。
「まっつぁか満喫!宿泊付き」(1万1290円+宿泊料、100人)は5月14日午前11時29分から同27日まで受け付ける。
インターネットで先着順に受け付け、定員に達し次第締め切る。4月15日から8月5日まで「みえ松阪マラソンコールセンター」=電話0570(029)255=を設ける。土日祝を除く午前10時から午後5時まで。
同実行委会長の竹上真人市長は「2.9キロの『ニクの部』や10キロの『ジュージューの部』を含め全国各地から合計1万人程度の参加者をお迎えします」とエントリーを呼び掛けている。