百五銀が入行式中止 新型ウイルス感染拡大受け 三重

【津】百五銀行(本店・三重県津市岩田)は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月1日に津市丸之内の同行丸之内本部棟で予定していた入行式を中止すると発表した。

同行によると、入行式には新入行員95人とグループ会社の新入社員11人の計106人が出席する予定だった。伊藤歳恭頭取の祝辞は書面で代用する。

一方、新入行員の研修は実施する予定。例年は一つの会場に全員が集まって研修に臨んでいたが、集団感染のリスクがあるため、今回は4班に分かれ、4会場でそれぞれ研修を受ける。