延期ならキャンプ実施を 東京五輪、三重県がカナダに書簡 派遣中止表明受け

カナダのオリンピック委員会が東京五輪が予定通りに開催された場合は選手団の派遣を中止すると表明したことを受け、三重県は23日、県内での事前キャンプを予定していた同国のアーティスティックスイミングチームとレスリングチームに対し、延期の場合は県内で事前キャンプを実施するよう求める書簡を送った。

書簡では「皆さんをお迎えすることを楽しみにしてきただけに、とても残念な思い」と表明。「延期された場合、事前キャンプはぜひ三重県で実施していただきたく、最大限のサポートをしたい」と記した。

同国のレスリングチームの事前キャンプを受け入れる予定だった津市の前葉泰幸市長は「東京五輪についてどのような決定がなされるのかを踏まえ、改めてカナダ側と協議する」としている。

県内では、四日市▽鈴鹿▽津▽伊勢▽志摩―の5市でカナダを含む4カ国から東京五輪・パラリンピックに出場する6チームの事前キャンプを予定していた。県によると、今のところ中止の連絡は来ていない。