津 8人8様の「春」表現 松阪工高繊維デザイン科OBが作品展 三重

【作品を紹介する松阪工業高繊維デザイン科の卒業生=津市栄町のギャラリーVOLVOXで】

【津】三重県立松阪工業高繊維デザイン科の卒業生8人のグループ展「ことなる3」が、津市栄町のギャラリー「VOLVOX」で開かれている。卒業後それぞれに制作する8人の絵画など約80点を展示・販売している。29日まで。

平成27年に卒業した南平有梨奈さん(23)=松阪市=が同期生に呼び掛け同29年に第1回を開催。展覧会タイトルには「異なる」と「個となる」の2つの意味を込め県内外で活動する女性8人が出品した。

今回初めて共通のテーマ「春」を設定。春の香りのイメージを赤い岩絵の具で表現した抽象画、種子から伸びる茎の先に花や女性を描いたコラージュ、ネイルアートを花に見立てた額など8人8様の作品が並ぶ。

名古屋市を拠点にグラフィックデザイナーとして活動する笠井美希さん(23)は深い黒と白のみで描いた女の子のイラストを出品。「三重には美術の道に進みたくても触れる機会が少ない。この展示が背中を押す活動になれば」と話した。