四日市 車外の2人はねられ死亡 東名阪道、トラックに 三重

【四日市】20日午前4時ごろ、三重県四日市市智積町の東名阪自動車道上りで、自損事故を起こして停車したワゴン車から降りていた京都市伏見区淀本町、宮司竹山晃大さん(28)と滋賀県守山市岡町、会社員野玉琢真さん(29)が、津市安濃町内多、会社員前川敏久さん(47)の大型トラックにはねられた。竹山さんと野玉さんは全身を強く打ち、現場で死亡が確認された。前川さんは腰を打つ軽傷。

高速隊によると、同日午前4時ごろ、ワゴン車に同乗していた男性から「ワゴン車が何かに乗り上げた」と一一〇番通報があった。この直後に大型トラックが停止中のワゴン車に衝突。ワゴン車の近くにいた竹山さんと野玉さんが巻き込まれたという。

現場は片側3車線で見通しの良い直線道路。竹山さん、野玉さん、男性の3人は知人。仕事で関東方面に向かっていた。高速隊は竹山さんと野玉さんが一時は路肩に退避するも、何らかの理由でワゴン車の方に戻ったとみて原因を調べている。

事故処理や検分のため、四日市インターチェンジ(IC)―鈴鹿IC間(約10キロ)の上りが8時間20分、下りが6時間50分にわたって通行止めとなった。