優しい色合いのパッチワーク 桑名で南部さん初個展 三重

【作品を紹介する南部さん(左)=桑名市大仲新田の川スミメガネ本店で】

【桑名】員弁郡東員町六把野新田の南部妙子さんは20日、三重県桑名市大仲新田の川スミメガネ本店ギャラリーでパッチワークキルトの作品展を開いた。26日まで。

大型のタペストリーをはじめ、バッグや布で作った造花など計約60点を展示した。優しい色合いが目を引き、着物地を利用して和風に仕上げた作品も並ぶ。

趣味でパッチワークを習い始めて約30年になる南部さんだが、個展を開くのは今回が初めて。

南部さんは「こうして見ていただく機会ができて、うれしいです。作品を見た人に『いいな』と思ってもらえるような作品を目指したい」と話した。