新型コロナ拡大で緊急全協、三重県議会が対応の強化を要請

【新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開いた全員協議会=県議会議事堂で】

新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受け、県議会は19日の全員協議会で、県幹部から対応状況を聞き取った。議員からは、感染者の増加に備えて病床の十分な確保を求める声が上がった。「施設の末端には国からのマスクが十分に届いていない」との指摘も。県が事務局を務める団体が今月初旬にタイでのゴルフツアーを企画し、実施されていたことを問題視する声もあった。

病床の確保について、田中智也議員(新政みえ、三期、四日市市選出)は「大阪府などでは医療機関以外でも軽症者を受け入れている。不測の事態に備え、内部で検討を進めてほしい」と求めた。

福井敏人医療保健部長は「感染者の増加を見据え、まず病床を早急に増やす。現時点では医療機関での対応を進めたい」と説明。鈴木知事は「あらゆることを想定し、内部で検討を進めたい」と述べた。

山本里香議員(共産党、二期、四日市市)は「和歌山県などではPCR検査を実施する基準を大きく広げて解釈し、一定の効果があったと言われている。PCR検査に対する県の考え方は」と尋ねた。

福井部長は「医師が総合的に判断し、必要であれば検査を実施している」と説明。県保健環境研究所に加えて三重大付属病院にも検査の協力を求めたほか、民間検査機関と契約を結んだことも明らかにした。

県を通じて国から医療機関や高齢者施設に届くマスクについて、日沖正信議員(新政みえ、六期、いなべ市・員弁郡)は「もらった分が三日でなくなったとの声も聞く。現場は不安に思っている」と訴えた。

鈴木知事は「業界ごとにマスクなどの必要な量を調査してもらい、集計して配布している。国に要請している量の何分の一かになっている。届く時期にずれがあるということもある」などと説明した。

稲森稔尚議員(草の根運動いが、二期、伊賀市)は県観光局が事務局を務める団体が一―七日まで、タイのパタヤでゴルフツアーを実施したと指摘。県がイベント自粛を呼び掛ける中で実施した経緯を尋ねた。

河口瑞子観光局長は「現地の状況を確認して実施した」「県が事務局を担い、団体の方針も踏まえて観光局で(実施を)判断した」などと説明。「それ以降は海外でのイベントを自粛している」と説明した。

稲森議員は、このゴルフツアーに県職員が同行していたことを指摘した上で「オール県庁で対策に取り組む中でこういった判断がなされていたことを、危機管理の点から心配に思う」と苦言を呈した。