早くも田植え始まる 志摩市で早期米

【早期米の田植えをする生産者=志摩市浜島町南張で(JA伊勢提供)】

【志摩】志摩市浜島町で、早くも田植えが始まった。

県内では温暖な鳥羽志摩地区は、毎年3月中旬から4月にかけ、早期米の田植えが行われる。同町の農業会社「南張農産」の44アールの水田では18日、春の陽気の下、生産者らが田植え機を使い、あきたこまちの苗を植えた。

JA伊勢鳥羽志摩地区本部によると、今年は暖冬で今後も気温の高い日が続くことが予想されるため、昨年より一週間ほど早い田植えとなった。植え付けは、4月初旬まで続くという。

あきたこまちは、育成が順調に進めば7月下旬に収穫され、オリジナルブランド米「夏季大将がきだいしょう」として、お盆前の贈答用に販売される。